ホーム > むち打ちとは

むち打ちとは

むち打ちはしっかり治さないと後が怖いんです!

むち打ちとは

首から肩にかけて、その周辺の痛み

むち打ち・・・ 誰もが一度は聞いたことがあるこの病名。

ご自身に経験がなくても、実際に交通事故に遭った人から「病院でむち打ちと診断された」など聞いたことはありませんか?

このむち打ち、正式な傷病名ではなく、医学的には「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれています。

むち打ちは、交通事故のケガとしてとてもなりやすい症状で、軽く見ているとその後つらい後遺症を残しかねないとても怖いケガです。

この「むち打ち」は「衝撃により、ムチがしなるように頭が前後に揺れる」という状態からついた名前と言われますが交通事故の衝撃が時速60キロの衝突であれば、ビルの5階から落ちた時と同じであると言われています。

ビルの5階から生身で落ちた場合、助かる確率はかなり低いと思いますが、交通事故での衝撃は転んで打撲した程度では済まないということがよく分かります。

徐々に痛みがひどくなる。

受傷後、病院でレントゲンやMRIなどの画像検査を受けても、ほとんどの場合「異常なし」と診断され軽く見られがちですがやっかいなことに受傷直後は、痛みをあまり感じないことが多く、2~3日、1週間位たってから徐々に現れ、ひどい場合は知覚障害、筋力低下などを引き起こすことがあり、注意が必要です。

むち打ちの症状として特に多いのは、首から肩にかけてやその周辺の痛みです。

他にも背中から腰の痛み、頭痛、めまい、はきけ、更には手足のしびれなど、多岐にわたって症状が出ます。

また、治療が遅れると回復にも時間がかかる為、早期治療が大切です。

むちうちは原因や症状別で、4つに分類されます。

春日井市交通事故治療トータルサポート.com

  • 交通事故治療トータルサポート! 無料体験実施中!ご予約は 電話番号 0568-70-8880 お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。

むち打ち治療の様子。